リバウンドの恐ろしさ、リバウンドしないためには?

ダイエットをしている方のなかには停滞期に入ってしまった方やリバウンドをしてしまった方も多いと思います。ダイエットを経験しているうちの6割以上が経験してしまうのがリバウンドです。
ダイエットを頑張っているからこそリバウンドをしないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

リバウンドの原因は?

1.ホメオスタシスと停滞期の関係

ホメオスタシスとは、エネルギーの消費を減少させて身体を維持する機能のことをいいます。このホメオスタシスは1ヶ月に5%以上体重が減少すると最大限に働くようになっています。なので、短期間のダイエットをしている方はこのホメオスタシスが原因で体重が落ちにくくなってしまいます。更にこの停滞期中にダイエットを辞めてもホメオスタシスは機能したままになってしまうので余分な脂肪が分解されることなく蓄積され続けてしまいます。これがリバウンドの大きな要因です。

2.レプチンの減少

レプチンとは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌される成分です。これは脳の中で満腹感を得る満腹中枢を刺激する物質なので、食事を制限して摂取量を減らしてしまうとレプチンが分泌される量も減少してしまいます。
ダイエットを辞めても分泌量がもとに戻るのに1ヶ月もの期間が必要になってしまいます。なので、いくら食べても満腹になった感覚になれずに食べ続けてしまい食事や間食をセーブすることが難しくなってしまうのです。

リバウンドの恐ろしさとはその対策

リバウンドをしてしまうと焦ってまたダイエットをする、これを繰り返してしまうと身体はだんだんと太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。
では、リバウンドをしたときにはどのように対処したらいいのでしょうか?これには2種類あります。 まず、1種類目は停滞期になってもダイエットをし続けることです。停滞期を抜ければまた体重が減っていきます。それまで根気よくすることが大切です。

2種類目は停滞期中は別のダイエット方法に変更することです。これは気分転換にもなりますし、身体も違うダイエット方法で体重が減り始めます。 どちらも大切なのは長期にわたるダイエットをすることです。短期間でダイエットをしようとすると体重は減りにくくなってしまうので、普段の生活に取り入れられるダイエットを組んでみることが大事です。

例えば、

朝は手作りの野菜ジュースに置き換えをして昼と夜は食事をしっかりと食べる。適度な運動として家事をするときいつもより動きを大きくしてみる。出勤するときに駅を一駅分は歩いてみる。などちょっとしたことですが生活に組み込んでいけば立派なダイエットになります。他にも、食事に生姜や唐辛子などを隠し味でもいいので積極的に入れていったりするのもいいです。
身体を内側から暖めるので冷え性対策にもなります。身体の内側が冷えていると当然脂肪を燃焼されることがありません。なので冷え性を改善することは必然的にダイエットにも繋がるのです。

他にも、脂肪を吸収するレプチンの減少やホメオスタシスが機能していることに合わせて鶏肉は脂肪の少ないササミやむね肉を使ったり、砂糖を蜂蜜やラカントなどに置き換えるなど、脂質や糖質をできるだけ抑えられるように工夫するのもオススメです。
逆に積極的に取り入れたいのは食物繊維やオレイン酸などです。オレイン酸や食物繊維はナッツ類などに多く含まれているので間食は片手に収まる程度のナッツ、特にアーモンドを食べることがオススメです。

このとき、アーモンドは食塩などを使っていない無添加なものを選ぶことが大切です。実はアーモンドは食物繊維がゴボウの1.8倍、オレイン酸も豊富に含まれているので腸内環境を良くしたり脂肪の燃焼を手助けすることができます。
しかし、食べすぎると脂質を取りすぎてしまうので片手分を心がけましょう。

まとめ

リバウンドをするとダイエット前よりも体重が増えてしまいます。女性としては焦ってしまいますよね。
でも、長期的にダイエットをするとストレスになりにくいですし、停滞期がくると新しいダイエット方法に移行させるのも良いことです。これを繰り返すと自分に合ったダイエット方法を見つけられることができるのではないでしょうか?

ダイエット方法は今ではたくさんあります。この中から自分の体質に合ったもの性格や生活習慣に合ったものを選ぶのはすごく大変なことです。停滞期中は気分を落ち込ませずにこの期間を利用する勢いで、新しいダイエットに挑戦してみましょう。
また停滞期に入ったら、元のダイエットに戻すのも良いプランです。停滞期に入ることがダメだと思わずに停滞期に入ったら「お、そろそろ他のダイエットを試す時期かな?」くらいの心構えでいた方が精神的にも楽になります。
極端な食事制限や過度な運動は身体を壊す原因なのでどれも適度にすることを心がけましょう。

また、1週間に1度は息抜きをすることも忘れずにしましょう、これが自分へのご褒美になってまたダイエットを頑張ろうという気になります。モチベーションが下がらないようにダイエットと向き合っていくことが長続きをする秘訣です。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る